TKS63 blog

日々の出来事や趣味についてのBLOGです

FX順張りで利を上げるには?雇用統計で順張り?

f:id:meigikanagata:20190120184851p:plain

 

FXの順張り

FXでも株でもやはり基本的な利益の上げ方といえば

順張りです。

順張りとは大きな流れに乗るという手法で、

その時上昇トレンドなら買い、

下降トレンドなら売りで入るというものです

今回は順張りで利益を上げた方のちょっと特殊な体験談をご紹介します。

 

体験談

自分はFX取引の順張りを利用して利益をだしました。

 

順張りですから特に難しい事を考えることは必要なくて、
様々な経済指標が出れば、
その通りに張るという事をするだけですから、
特に難しい事を考える必要もありません。

 

リスクを背負うのであれば、

このような方法をするのが一番だという事を

自分の中では感じています。

 

特に自分が利用しているのが、

米国の雇用統計でこれが出てくる日に

仕掛けるという事を良くしています。

 

このやり方は極めて簡単で、
良い指標が出れば買いで仕掛けて、
悪ければ売りで仕掛けるというだけなので実に簡単でした。

 

この雇用統計は既に予測というのが出ているので、
その予測に近いかどうかを見るかどうかだけで分かってしまいます。

 

ただ市場は一気に反応するという事がありますから、
それに出遅れないようにする事と、
予測値に近い状態であれば取引はしないという事を心掛けています。

 

つまり、

自分で判断をする事が出来ない場合はしない

という事を考えているわけです。


出てきた数値を比較するだけですから、
発表があった瞬間に決断をする事が出来るようにしていました。

 

つまり、注文だけいつでも出せる状態にしておいて、
後はその時の状況で臨機応変に動くという事をするだけだという事です。

 

特にハッキリとした事が分かる指標であれば
資金を追加で投入するという事も考えないわけではありませんでした。

 

面白いのは、
こうした行動を取る人がいっぱいいるという事で、
売りでも買いでもするという人が
自分以外にも沢山いるという事がわかる状態でした。

 

自分の順張りというのは一般的なところとは違うところもありますが、
流れに応じて臨機応変にスタイルを変えることが出来るのが
良い所だという事は感じています。

 

買い専門や売り専門の人もいるのですが、
両方でチャンスを見ることが出来るので、
心にゆとりがあるというのが
この方法の良い所では無いのかなという事を考えてはいます。

 

ある程度の利益がでればすぐに撤退をする

という事をしているので、

それなりに利益は出ています

 

体験談終わり

 

まとめ

やっぱりFXって勝ち逃げが一番ですよね笑

 

順張りをアメリカの雇用統計で利用するとは

なかなか肝の据わった方だなと感心しました。

 

雇用統計とは?

 

雇用統計は、

アメリカ合衆国労働省が毎月日本時間の第一金曜日21:30に発表する

米国の雇用情勢を調べた景気関連の経済指標のことをいいます。

 

 

この経済指標の善し悪しでドルが上下に一気に動きます。

そのため、本来はその時間帯はトレードしない方が良いとされていますが、

逆に雇用統計しかトレードをしない今回の投稿者のような変わり者もいます。

 

それは置いておき、

順張りもタイミングを間違えればてっぺんで買ったり

底で売ったりと勘をたよりにするととんでもないことになりかねません

それが怖くてチャートを指をくわえてみてるだけ

という結果にもなりがちです。

 

今後その辺のどうしたらエントリーポイントと見なせるのか、

についても書いていきたいですね。

 

人気ブログランキングへ