TKS63 blog

日々の出来事や趣味についてのBLOGです

フォードの教えを起業に活かす

f:id:meigikanagata:20190409213247j:plain

 

フォードの教えを起業に活かす

 

今や市場規模トップをいく自動車産業

そこにはかつて「ヘンリーフォード」という偉大なる起業家がいました。

今でも氏の格言は受け継がれています。

 

[努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。]

 

ぜひ、Amazonが何年間という長い間、

赤字を垂れ流していたか調べてみてください。

因みにAmazonの累積赤字の最大額はなんと1兆円です。

時間がかかることを知っていたジェフベゾスの粘り勝ちが、今です。

 

[たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。]

 

ノウハウおたくになっている間に誰かに先を越されるのがオチです。

ビジネスは、スピード、スピード、次にスピードと言われています。

これは楽天三木谷浩史社長の言葉でもあります。

考えるよりまず行動とはこのことですね。

 

[恐るべき競争相手とは、あなたのことをまったく気になどかけず、自分の仕事を常に向上させ続けるような人間のことだ。]

 

似た表現で納得の格言が、斎藤ひとりさんです。

「どんなに憎い相手がいて憎しみで眠れなくても、

あなたが憎んでいる相手は今ごろ気にせず寝ている。だから憎むだけ無駄です。」

 

[失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は住む。]

 

挑戦したことのない人ほど、

人の失敗をあざ笑うものです。

失敗は、前へ進んでいるということなのです。

つまりやってみないとわからないということですね。

 

[たいていの人は、問題を解決しようとするよりも、問題を回避するためにより多くの時間とエネルギーを費やしている。]

 

回避する方法を考えるよりも正面突破したほうが早いということですね。

 

[あら探しをするより改善策を見つけよ。不平不満など誰でも言える。]

 

どちらも時間を使うのなら、改善に使ったほうが結果に貢献できます。

過去に囚われるなということでもありますね。

 

[お金以外に何も生み出さないビジネスは、貧しいビジネスである。]

人生100年時代の起業で念頭に置いておきたいことですね。

 

[考えることは最も過酷な仕事だ。だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ。]

それほどに競合は少ないということです。

逆に、考えなくてもやれてしまうビジネスは

競合の嵐ということも事実です。

しかし、全体的には起業自体は

いまだにマイナーリーグと同じと言われていて、

これからがメジャーの時代なのかもしれません。

 

[人が集まってくることが始まりであり、人が一緒にいることで進歩があり、人が一緒に働くことが成功をもたらす。]

 

プラットフォームに通ずるものがありますね。

 

[小さな仕事に分けてしまえば、何事も特に難しいことはない]

ヘンリーフォード氏の格言で最も有名な言葉かもしれません。

これは、あらゆるビジネスを成功に導く為の重要な考え方です。

もっと小さく分ければ、もっと簡単に見える可能性があります。

人類はそうして、宇宙へ飛びました。

 

tks48.hateblo.jp

 

 

 

 


メルセデス・ベンツランキング

人気ブログランキングへ