TKS63 blog

日々の出来事や趣味についてのBLOGです

麻生太郎は日本に財政問題は無いことを知っていてあえてこの不況に経済対策をしようとしないのはなぜか?

皆さんとっくにご存知の方も多いと思われますが

日本に財政問題は存在しません。

 

当然消費税を廃止したほうが景気は確実に良くなるわけなのですが、

それを今回経済対策としてやってしまうと

財政問題から何から何まで全ての嘘がバレてしまうんですよね。

(日本が今までやっていた経済対策はすべてデフレ対策ではなく

インフレ対策だったのです。だからずっと日本は何十年もデフレのまま)

 

 麻生太郎大臣は政権を取り戻す前の時期にすでにすべて理解しておりました。

いや元々知ってたかな。

その証拠がこちらの動画。

 

 

注目は15分を過ぎたあたりから。

麻生氏はすべて理解しています。

 

国の借金1000兆円~!国民一人当たり~!とかメディアは国民を煽りますが

これらすべて消費税を上げるための嘘なんですよね。

どっかの経済学者らしき人物や大学教授を使ってそれらしいことを

テレビで言わせる「権威プロパガンダ」もそれです。

 

それにしても麻生さん、これだけ理解しててこの不景気で

経済対策渋ってる場合じゃないでしょうって話。。。

 

というのもこのころの麻生さんと今の麻生さんってなんか全然人が違うんですよね。

言ってることが180°違う。ついでに顔つきも違う!

親族とか会社を人質に取られているんじゃないか?と思えてしまうほど。

何か(誰か)に忖度している感じがするのは私だけではないはず。

(ま、何者かは簡単に想像は付きますがね...)

 

ちなみに安倍総理も国の財政問題は理解しているようです。が、

「国民に財政問題がないことを公表すると今まで何十年も言い続けてきたことが

嘘になる」と、とある会食で言ったそうです。

 

ま~ダメですね。。。自民党は。

だからといって野党はろくでなしの集まりなのでもっとダメなわけで。

国民はいったいどうしたら良いんでしょうか???