TKS63 blog

日々の出来事や趣味についてのBLOGです

FXで最低限初心者が知っておきたいこと テクニカル分析 

f:id:meigikanagata:20190119182149p:plain

FXを始める上で最低限知っておきたいこと

初心者がFXで最低限度知っておきたいこととしては、


テクニカル分析があげられます。

 

株式やFXなどの投資というと、


コンピューターの画面に映し出されたグラフ?のようなものを参考にしながら、


売り注文や買い注文を出している様子を思い浮かべる人が多いようです。

 

あのグラフは「チャート」と呼ばれるものであり、


これまでの株式や為替などの値動きを示すものとなっています。

 

 

このチャートに基づいて今後の値動きを予想するのが、


今回ご紹介するテクニカル分析です。

 

テクニカル分析というのは過去のチャートの蓄積に基づいて、


今後の値動きを予想する方法になります。

 

具体的には特定のパターンがあらわれた場合に、


売り注文や買い注文のタイミングだと判断することになるのです。

 

 

テクニカル分析として最も基本的なものとしては、


移動平均線による戦略があげられます。


移動平均線というのは過去数日間(あるいは数カ月間)の


値動きの平均値を示す線のことであり、


現在の価格が移動平均線の上にあれば上昇トレンド、


移動平均線の下にあれば下降トレンドだと判断することになります。

 

上昇トレンドは相場が好調で今後の値上がりが期待できる状態、


下降トレンドは相場が不調で今後の値下がりの可能性が高い状態のことです。

 

相場には一定の流れがありますので、


上昇トレンドで買って下降トレンドで売ることにより、


利益が得られる確率が高くなります。

 

 

その他には相場の天井や底などの転換点を示すパターンがあり、


これらのパターンが発生した場合にも


売買のタイミングだと判断することができるでしょう。

 

例えば三尊と呼ばれる3つの山ができるパターンは


天井を示すものになりますし、


逆三尊と呼ばれる3つの谷ができるパターンは底を示すものになります。

 

ただし一部には


騙し」と呼ばれる嘘のパターンが登場する場合などもありますので、


あまりテクニカル分析に頼りすぎるのは危険だといえるでしょう。

 

その他の分析方法を併用して、


あくまでも総合的に判断することを心がけてください。

 

 

ローソク足チャート

基本的にチャートで一般的に利用されているのは

ローソク足です。

1分、5分、10分、15分、60分、4時間、一日、一週間、一ヶ月など

それぞれ切替が可能で、

長期足になればなるほどテクニカル分析が作用しやすくなります。

逆に短期足はFXのスキャルピングに使用したり、

FXではなく、バイナリーオプションに向いています。

 

人気ブログランキングへ