TKS63 blog

日々の出来事や趣味についてのBLOGです

FX初心者が必ず守らなければならないこと

f:id:meigikanagata:20190118210631j:plain

 

 

FX初心者は勝てる!

FXは最初の証拠金次第では

自宅でもっとも手軽に儲かる投資です。

特に初心者は必ずといって良いほど勝ちます!

 

ビギナーズラックというもので

自分はなぜか勝てる」とか

自分は腕が良い

才能があるんじゃないか

 

などと勝手に思い込んで

有頂天になってしまうほど勝率の良い勝ち方をします

しかし、問題はその後です・・・

 

今回は初心者が陥りやすいミスについての

体験談をいただいておりますので紹介いたします。

 

体験談

FX初心者が失敗する大きなポイントの一つとして、
損失を管理することができないということが挙げられます。

実は、FXで利益を出すことはそれほど難しいことではありません。
相場が上がった時に購入した外貨を売却すれば良いだけの話であるため、
長期的に売買を行っていくことを考えるのであれば
利益を出していくことはそれほど難しいことではないわけです。

実際、私もFXで取引を行ったことがありますが、
スワップ金利を目的とした方法であるのならば難しいことを考えなくても
スイングトレードで利益を出していくことは可能です。

そのため、
一般的にFX初心者が失敗してしまうのは
短期的な取引で損失を管理することができなくなってしまう時です。
これは、私も失敗したことがありますので
初めてFXをする時には気をつけておかなくてはいけません。

では、具体的に損失の管理とはどのようなことを言うのでしょうか。
それは、
取引の中にきちんと損失を切ること(損切り)が
できるかどうかということにあります。

特に、FXでは損失が出た段階でその損失を切るという行為が
とても大切になります。

そもそも、FXではレバレッジという倍掛けのシステムが存在しますので、
このシステムを利用していた場合には予測できないほど
大きな損失を招いてしまう可能性もあります。

私も、何度かレバレッジを大きくとったことがあります。
レバレッジを利用すると、確かに利益が大きくなるのですが、
そのぶんリスクも大きくなるという危険性が存在します。

リスクを抱えたまま取引をしなくてはならないため、
利益を得ることができない場合にはその分、
損失を自分で負担しなくてはいけません。

この場合、
生じた損失についてはすぐに切ってしまわなくてはいけないわけです。
そのまま損失を抱え込んでしまうと、
レバレッジを使った分だけ自分の損失が大きくなってしまいます。

これは短期売買を利用する姿勢が多くなってしまう失敗の代表的な例ですので、
初心者の人は正しい損切りを理解しておくことが大切になります。

 

体験談終わり

 

 

損切りを必ずいれること

 

初心者が必ずやらなければいけないことは

負けを素直に認めることです。

 

初心者は、思った方向と逆にいっても

また戻ってくるだろう」とか

下がれ下がれ!上がれ上がれ!」と念じながら日々を過ごし、

ほったらかしにして思った方向に行ったときに決済してしまいます。

 

これだと勝率は驚異的に高くなるわけですが、

もし逆方向に戻らずそのままズドーンといってしまったときに

大損くらって強制ロスカットという結末を迎えてしまうんですね。

 

俗に言う「コツコツドカン」というやつです。

 

もう負けを認めずに

 

目減りしていくお金を祈りながら眺めるだけになってしまいます。

 

どこに損切りをいれるか

どこに損切りを入れるかということですが、

抵抗線支持線を目安にすると良いです。

直近の最高値、最安値のラインに線を引き、ここまで下がったら

損切り、ここまで上がったら決済と

あらかじめシナリオを決めてから注文を出すことですね。

詳しい注文方法は別記事に載せていきます。

 

以上、

今回は初心者が退場しないために絶対に

守らなければいけないことについてでした。