TKS63 blog

日々の出来事や趣味についてのBLOGです

40代からの転職を考える まずやるべきことは自己分析

 

40代から転職を考えるにはまずは自己分析を

f:id:meigikanagata:20201022215836j:plain

40代から転職を考えているならば、

まず最初にすべきことは、経歴の棚卸しである自己分析です。

 

 

転職活動の中で自分自身の過去の整理をする意味と、

自己分析した内容を面接で生かす方法はあるのでしょうか。

 

 

これまで自分が積み上げてきた経験、スキルにはどのようなものがあるか、

一からの自己分析によって見えることがあります。

 

自己分析から見えること

f:id:meigikanagata:20201022220005j:plain

自己分析をすることで

転職したい企業での面接時に即戦力で戦えることをアピールすることや、

これまでの経験でどんなスキルを身に付けてきたのかを

自分自身で再確認できるからです。

 

 

また、自分自身がどんな業界に向いているか、

どんな職種が適職なのか悩む人も多いのではないでしょうか。

これらの悩みのほとんどが、自己分析で解決できると言えます。

 

 

自己分析は面接でも有利に

f:id:meigikanagata:20201022215359j:plain

自己分析を行って、自分のことを知ることによって、

面接でも自分のことを伝えやすくなるということは、

それだけ自分自身を知っているといえますので、

転職時に採用されやすくなることは間違いありません。

 

面接で求められることは、

自分は会社の戦力になりえることを、会って間もない人に伝えることです。

 

採用担当者に向けて、

自分は求人に記載されていた仕事の内容がこなせる人材であることを、

理解してもらうことが大事です。

 

自分を売り込む材料にも

f:id:meigikanagata:20201022215652j:plain

アピールする材料となるのは、自分を売り込むための自己分析の結果です。

これまでの経験についてしか、面接の場では語ることがなく、

自分を売り込む材料につなげられなかったという方もいます。

今までした仕事がなぜ成功したのか、

どのような能力が役立ったのかを自己分析すると、

うまく整理することができるのではないでしょうか。

 

逆に、うまくいかなかった仕事に対しては、

自分のどんな点が失敗に関わっていたのか、

改善する方法はなかったのかなどを調べていくことが大事になります。

転職をする時には、自己分析を入念にしておくといいでしょう。

 

自分の職務経歴を細分化して書きだしてみる

自己分析の方法としては、

自分の職務経歴を細かく細分化して

書き出してみることが入り版分かりやすいやり方となります。

 

小さなことでも書き出すことで、

「この仕事で得たことは何か?」を再確認できれば、

どんなスキルや能力が自分にあって、

活かせる企業はどういった会社なのかを判断する基準にもなります。

 

また、転職活動しながら自己分析をしてみたところ、

今のままスキルを活かしたほうが良いといった

「転職しない判断」をすることもあると思います。

 

むやみに転職をするよりも、自分自身を理解することで、

自分にとっての最適解が導き出せるようになります。