TKS63 blog

日々の出来事や趣味についてのBLOGです

引っ越し先の内覧に行ってきました セキスイ シャーメゾン物件編

f:id:meigikanagata:20190609193337j:plain

 

 

シャーメゾンのマンションを内覧

 

ついに待ちに待った内覧の日がやってきました。

条件さえそろえば速攻で契約するつもりです。

 

間取りは広めの2LDKですが、

ありがちなリビングと1部屋が繋がっている仕様ではなく

リビングと2部屋は完全に分断された仕様となっています。

 

では、実際どうだったかっていうと??

 

結論から言います。

 

「即決!!」で決めさせていただきました!

 

狙っていた方すみませんっ!

 

ということで来月引っ越します。

 

tks48.hateblo.jp

 

 

デザインが良い

 

誰もが思う事だと思いますが、

積水シャーメゾンのデザインってモダンでおしゃれなんですよね。

実は前の人が出ていったばかりなんですけど

前の人が全く使用してなくて・・・

普通にきれいで、お風呂なんか新品のビニールが被っている状態で

一度も使ってない感じ。。。

聞けば、シャーメゾンのマンションを選ぶ方の中には

税金対策だったり、たまにしかこないのに契約してしまっている

方なんかが意外といるようで、こうやってほぼ未使用のままの

退去も珍しくないそうです。

 

それはさておき、私が一番重視するのはなんといっても水回り。

キッチン、お風呂、トイレともにちょっとお高そうなホテルのような

デザインをしており、

所有欲を満たすと同時に機能性もさすが一流ハウスメーカー

言わざるを得ない作りでした。

 

特に気に入ったのがキッチンで、広くて余裕があり

食洗器が置けるスペースがあったり、

収納がとにかく多く、2~3人暮らしなら食器棚は要らないかも?って

いうくらい沢山収納できます。

引き出しそれぞれにダンパーがついていて

閉めるときに大きな音が出ないように配慮された作りになっているところも

ポイント高いところですね。

 

ウォーキングクローゼット付き

 

収納がとにかく多彩で、なんとウォーキングクローゼットが

2個もあります。

私、一人暮らしなんで完全にオーバースペックなのですが、

例え2~3人暮らしでも余裕で持て余してしまうほど

収納が豊富にあちこちあります。

クローゼットは引き戸ですが、ここも大きな音が出ないように

最後はゆっくり閉まる仕様になっていました。

 

外にも物置あり

 

屋外に一世帯につき1個、専用の物置も用意されていて、

例えば冬用タイヤ、夏用タイヤの保管場所なんかにも

使うことができます。

 

 

遮音性について

まあしかし、シャーメゾンといえば

なんといっても独自の遮音性の高さが売りですよね。

今度の物件は床材に「シャイド55」という鉄骨造でもRC造並みの遮音性を

実現しているものが採用されているのですが、

実際のところどんなもんなんでしょう?

 

一つ下の階に行って確かめる!なんてことはできなかったのですが、

おそらく静かなのでは?という印象でした。

内覧している最中に限っては上下階からなにも音が聞こえてきませんでしたし、

実際に踏み込んでみても、音はそれなりにしているようですが、

下の階にはおそらくですが、鈍くこもった音で「ドン!」と聞こえる

感じなのではないかな?という印象です。

床の作りはありがちなクッションフロアではなくて、

本物の木のフローリングで、頑丈そうな感じではありましたね。

だからといって賃貸で「踵歩き」は厳禁!

 

窓ガラスも合わせガラス仕様になっていて、

ガラスの厚みがなんと!1.5cmくらいあり、

これだけあれば外への音漏れや外からの騒音に非常に強いと思います。

 

隣と接した壁は一か所だけ

 

シャーメゾンは間取りも「神対応」です。

私の物件では、隣と接している壁は1か所だけで、

ほかは廊下を挟んだ作りで、各部屋ほぼ干渉されない間取りに

なっているようです。

余程大きな音を出さない限り隣に音が漏れるなんてことは

ないようで、

ネットで情報を調べても、足音は聞こえてもしゃべり声やテレビの音は

皆無という意見ばかりでした。

 

実際に住んでみないとわからない

 

と、ここまで引っ越し予定のシャーメゾンを持ち上げてきましたが

実際には住んでみないとなんともわかりません。

来月頭にはカギを貰えるので、

またちょこっと住んでみたら感想を書きたいと思います。